オーナーの負担・リスクを減らす

女性

マンションやアパートを経営しようと考えている人で、なかなか実行に移せないでいることが少なくありません。その理由の一つが仮に賃貸住宅を建ててもそこに入居者が入らない可能性があるからです。空室が生まれるとその分だけ家賃収入が減るため、収入が減ってしまいかねません。そのような人にオススメなのが家賃保証を請け負ってくれる不動産管理会社を活用することです。これは、仮に空室が生まれたとき、不動産管理会社から入居したときに得られる家賃を負担してくれる保証契約になります。もちろん、契約に伴い一定の費用がかかりますし、全額保証してくれることは稀ですが、それでも最低限の収入を確保することができるため、賃貸住宅経営をしやすくなるわけです。また、家賃徴収ではオーナーと入居者の間でトラブルになりやすく、賃貸に関する法律の知識のないオーナーが泣き寝入りするケースも少なくありません。家賃保証契約によっては不動産管理会社が家賃徴収も請け負うケースもあります。法律に熟知して数多くの入居者から徴収した経験のある人が行うため、トラブルになりにくい一方で徴収効率も上がります。この徴収するリスクを減らしたいために、家賃保証契約を結ぶオーナーも実は少なくありません。このように、最低限の収入を確保しつつ、賃貸住宅の管理もしやすいというメリットが家賃保証には伴っており、不動産投資が盛んな今注目を浴びています。

不動産管理会社が営業してくれる

男女

その家賃保証は不動産管理会社によっていろんな種類があります。特に多いのが、満室になるように管理会社が主体的になって営業をしてくれるものです。というのも、不動産管理会社からしたら、空室になって家賃の一部を負担するよりも、なるべく満室になってくれた方が助かります。一方、賃貸住宅のオーナーも満室になることで家賃収入が増えるため、オーナーと不動産管理会社双方にメリットが生まれるわけです。あまり広告を出すのが苦手というオーナーにとっては、便利なサービスとなります。

免責期間を理解しよう

マンションの模型

また、家賃保証契約内容でも種類が異なっています。特に気を付けて見てほしいのが、免責期間です。例えば、新築したばかりの賃貸住宅には、一から募集をかけなくてはならないため、最初は空室が目立つのは仕方がないことです。その分も保証すると不動産管理会社の負担が大きくなってしまうため、新築から数か月の間は免責期間を設けていることが少なくありません。その免責期間を細かく見ていくと、いろんなタイプのものがあり、退室から一定期間が免責期間とされていることもあります。その辺をきちんと理解しつつ契約する必要があるでしょう。

広告募集中